Android入門

Androidの使い方や設定方法を詳しく紹介!音楽の同期やアプリの紹介、月々の料金を安く抑える方法、日本通信のb-mobileでSony EricssonのXperiaを使う方法などを紹介しています。

 
 

Home  About this site  BBS  Mail  Link

 
 

人気記事

おすすめ記事

 

 

おサイフケータイ iDの機種変でのデータ移行

スマホを買い換える時、必ず古いスマホ側でiDの機種変の準備をしないといけません。今回は、iDの機種変の手続の方法を紹介します。

スマホを買い換える場合、古いスマホ側でおサイフケータイの機種変手続きを行わないといけません。特に「iD」はnanacoやEdyと違い、後払い方式なので機種変手続きは他のおサイフケータイ(nanacoやEdyなど)よりも厳格になっています。
そこで今回は「iD」の機種変時の手続の方法(お店に行く必要はありません)を紹介します。
特に使わなくなったスマホをヤフオクやショップで中古として譲る場合は、必ず機種変更手続きを行ってください。

目次

古いスマートフォン側での手続き

まずは古い方のスマホでの手続き。

iDアプリ「iDアプリ」を起動します。

iDの右上をタップ左上の丸で囲った部分をタップします。

機種変更をタップ「機種変更」をタップします。

暗証番号を入力クレジットカードの暗証番号を入力し、「手続きを行う」をタップします。

カードの登録注「カードの登録中」と表示されるのでしばらく待ちます。

手続完了手続きが完了しました。
この状態になったら、古いスマホからSIMを取り出して、新しいスマホにSIMを入れ替えて新しいスマホ側でiDの登録を行います。
新しいスマホでの操作へ進んでください。

エラーになる場合

エラーになった場合このように「設定されているdアカウントと、ご利用されている電話番号が一致しません。dアカウントを変更するか、ご利用の電話番号を変更してください」というようなエラーが表示される場合は、古いスマホ側でSIMカードを抜いてしまった場合に表示されます。
この場合、OKをタップし、もう一度古いスマホ側にSIMカードを差し込んで以下の手続きを行います。
また、SIMを差し込んでいるのにこのエラーが出る場合も、以下の操作を行ってください。

dアカウント設定

Wi-Fiをオフにするdアカウント設定をします。
Wi-Fiをオンにしているとうまくいかないので、Wi-Fiをオフにしておきます。
※ 作業が終わったらオンに戻してください

ドコモのサービス/クラウドSIMを古いスマホに差し込んだら、「設定」を開き、「ドコモのサービス/クラウド」をタップします。

dアカウント設定の再認証「dアカウント設定」にメールアドレスが登録されていることを確認し、「再認証」をタップします。

dアカウントのパスワードを入力dアカウントのパスワードを入力し、「認証」をタップします。

認証に成功認証が終了しました。
再びiDの古いスマホ側での機種変設定を行ってください。

Wi-Fiをオフにするdアカウント設定でこのようなエラーが出る場合は、Wi-Fiがオンになっているのが原因です。
Wi-Fiをオフにしてから再認証してください。

新しいスマホ側でのiDの移行操作

古いスマホ側でiDの機種変手続きが終了したら、SIMカードを抜いて新しいスマホに差し込んでください。

新しいスマホでの設定新しいスマホ側の「iDアプリ」を立ち上げます。

「機種変更前から iD をご利用の方」をタップします。

機種変更前からご利用のお客様へ機種変更手続きに関する注意事項が表示されるので、目を通しておきます。
「OK」をタップします。

同意するをタップ「アプリケーション・プライバシーポリシー」が表示されるので、「アプリケーション・プライバシーポリシーとソフトウェア利用規約を確認しました」にチェックを入れ、②「同意する」をタップします。

ご利用上の注意に同意ご利用上の注意が表示されるので、「はい」をタップします。

iD対応のクレジットカードで登録するをタップ古い方のスマホのiDでクレジットカードを登録して支払っていた人は、「iD対応のクレジットカードで登録する」をタップします。

ドコモの料金に合算して支払っていた場合は、「d CARD mini
クレジットカードの契約なしで登録する」の方をタップしてください。

また、新しいスマホで変更したい場合は、ここで新しい方法を選択してもOKです。
クレジットカードを登録するか、ドコモの料金に合算するか、の違いは、iDとは?設定と始め方を参考にしてください。

dカードをタップ私の場合は「d カード」を登録していたので、ここではクレジットカードによるiDの支払の場合の機種変移行方法を紹介します。

「dカード」をタップします。
もしくは該当するクレジットカードをタップします。

暗証番号を入力dカードの4桁の暗証番号(dカード契約時に設定したもの)を入力します。

「登録する」をタップします。

暗証番号とは4桁の暗証番号は基本的にはクレジットカードの4桁の暗証番号です。
ちなみにこの暗証番号はオンラインなどで調べたり変更したり出来ないので、ちとめんどくさくなります。

カードの登録中カードの登録が開始されます。

iDの機種変が成功したクレジットカードが登録されました。
これで新しいスマートフォンでiDが使えるようになりました。

iPhoneに買い換える場合

アンドロイド(スマホ)の「iD」とiPhoneの「iD」は、独立しているので、古いスマホ側で機種変手続きを行わなくても、iPhoneのiDを使うことが出来ます。が、古い方のスマホはもう使わない。とか、中古として売ったり、友人や家族に譲る場合、古いスマホのICチップにiDのデータが書き込まれたままになり、いつかアンドロイドに戻ったときにiDの登録が出来なくなる可能性があります。
なので、アンドロイドからiPhoneに買い替えたときも、古いスマホはもう使わないのであれば「iDの機種変手続き」を行っておいてください。
手続きの仕方はアンドロイドからアンドロイドへ買い替えた場合と同じです。
古いスマートフォン側での手続きに進んでください。

関連ページ

サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました の解決方法

Google Playを立ち上げてアプリを検索しようとしたら、「サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました」と表示されて検索も何も出来なくなってしまいました。解決策を紹介します。

サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました先日、Google Playを立ち上げたら、何やら「サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました」と表示されて何も出来なくなってしまいました。
検索もできなければ更新もできない・・・。
色々調べてみたら以下の方法で解決できました。

Google Playのキャッシュデータを削除する

設定のアプリケーションのGoogle Playストアを開く「設定」の「アプリケーション」を開き、「Google Play ストア」を探し、タップして開きます。

強制停止をタップ「強制停止」をタップします。

OKをタップ本当に停止していいか聞いてくるので、「OK」をタップします。

SDカードと保存領域をタップ続いて「SDカードと保存領域」をタップします。

データを消去をタップ「データを消去」というボタンをタップします。

アプリのデータを消去しますかアプリのデータを削除していいか聞いてくるので、「OK」をタップします。

キャッシュを削除できたGoogle Playストアのデータとキャッシュがすべて削除されました。

Playストアホームボタンを押して「Playストア」を立ち上げます。

同意するをタップ利用規約に同意するか聞いてくるので、「同意する」をタップします。

これで先程の「サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました」が表示されなく鳴ったと思います。

関連ページ

パソコンとiPhone・スマホでパスワードを同期する

パソコンとiPhoneやアンドロイドといったスマホとでパスワードを同期する方法を紹介します。今まで1PasswordやLastPassなどを使っていましたが、この方法では無料でパスワードを同期できます

今までパソコンは「LastPass」を。iPhoneなどスマホには「1Password」を使ってきました。が、この2つのツールの弱点は、LastPassはスマホで使う場合、1Passwordはパソコンで使う場合に有料プランに申し込まなくてはならない点。
どちらにも同じアプリを使えたら便利なのにな~。と思っていたのですが、そんな希望を叶えてくれるのがGoogle Chromeの「Google Smart Lock」です。

目次

パソコンでもスマホでも無料でパスワードを同期できるGoogle Smart Lock

更新が止まったパスワードアプリパスワードアプリを使うにあたって重要視する点が、高いセキュリティであると同時に、サービスが終了しないこと(少なくとも数年で)。というのも、以前使っていたPwListは開発がストップしてしまいました。おそらく次のiOSのバージョンアップで使えなくなるでしょう。

それにパスワードを流出させる目的でアプリを公開している可能性もあります。

Google製パスワード管理

パスワードを更新今回紹介する「Google Smart Lock」は、Googleが無料で公開しているパスワード管理サービスで、パソコンiPhone、アンドロイドなど全てのプラットフォームで使用でき、無料です。

パソコンでGoogle Chromeを使っていると、このようにパスワードを保存するかどうか聞いてくる場面に遭遇したことはないでしょうか?
これがGoogle Smart Lockで、クッキーとは違います。似たようなサービスではAppleのiCloudキーチェーンが有りますが、残念ながらiCloudキーチェーンはWindowsでは使えません。。。

使用条件

ChromeWindowsでもiPhoneでもアンドロイドでも使用できるのですが、使用するにあたって「Chrome」が必要です。

パソコンでの設定

設定をクリック基本的には最初から使えるようになっていますが、実際に稼働しているか確認してみます。
Google Chromeの右上にある①の部分をクリックし、②「設定」をクリックします。

詳細設定を表示下にスクロールしていき、「詳細設定を表示」をクリックします。

パスワードを管理をクリック「Google Smart Lock for Passwordsでパスワード...」にあるチェックボックスにチェックが入っていることを確認し、「パスワードを管理」をクリックします。

保存したパスワード「自動ログイン」にチェックがついていればGoogle Smart Lockは有効になっています。

ここに保存されているサイトのURL、ID、パスワードが表示されました。

表示をクリックパスワードは「・・・・」と表示されて見ることが出来ないので、「表示」をクリックします。

Windowsのログインパスワードを入力Windows起動時に入力するパスワードを入力し、OKをクリックします。

パスワードが表示されたパスワードが表示されました。

残念ながら表示させるだけで修正や編集はできないようです。

パスワードを保存するには

パスワード保存前パスワードとIDをGoogle Smart Lockで保存するには、保存したいIDとパスワードを入力するページへ移動します。
ここでは例としてNTT固定電話の明細を見ることが出来る、Webビリングを例に紹介します。

ログインIDとログインパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

Google Smart Lockで保存するとChromeの右上にこのような確認画面が表示されます。
パスワードとIDを保存していいのであれば「保存」をクリックします。

IDとパスワードが自動入力されたすると次回、同じページを表示させると自動でIDとパスワードが入力された状態になります。
Google Smart Lockで自動入力されている場合、入力欄が  のような薄い黄色になっています。

クッキーやLastPassなどで自動入力された場合は、このような色にならないので注意。

スマホとの連携

基本的にChromeの「Google Smart Lock」がオンになっていれば、パスワードを保存した時点で他の端末にも反映されます。

スマホのログイン画面先程のWebビリングのログイン画面をiPhoneのChromeで表示させてみました。
すると自動的にパソコンで保存したIDとパスワードが入力されていました。
なお、Webビリングのログイン画面では、入力欄の背景が白い状態でしたが・・・

でんき家計簿でんき家計簿のログインページではちゃんと入力部分の背景が黄色になっていました。

保存されたパスワードを管理する

パスワード管理サイト保存したIDとパスワードは、passwords.google.comで表示・管理することが出来ます。

Googleアカウントのパスワードを入力してログインします。

Smart Lock for Passwordと自動ログインここでも「Google Smart Lock」のオンオフが出来ます。
この「Smart Lock For Password」をオフにすればすべての端末のパスワード保存が無効になります。

パスワードを表示させるパスワードを削除するには、①の部分をタップし、②のバツじるしをタップします。

パスワードの削除パソコンでアクセスした場合は、こんな感じ。バツじるしをクリックすれば削除することが出来ます。

スマホからも保存ができる

iPhoneのChromeで入力パスワードの保存はスマホから閲覧した場合でもできます。
例えばユニクロのログイン画面でスマホのChromeからパスワードを入力してログインしてみます。
この時「ログイン状態を保存」にチェックを入れなくても保存されます。

パスワードを保存スマホのChromeでもこのようにパスワードを保存するか聞いてきました。
ここで保存をタップすると・・

ユニクロのログインページパソコンのChromeでログインページを表示させると、IDとパスワードが自動入力されていました。

まとめ

今まで1PasswordやLastPassを使ってきましたが、やっぱりパソコンとスマホで無料で使えたほうが便利。なので今後はGoogle Smart Lockに移行していこうかと思います。
ただデメリットもあって、

  • Chromeでしか対応していない
  • パスワードの修正・編集ができない
  • アプリには未対応

指紋認証にも対応している1Passwordはやっぱり便利。
あと、アンドロイドだと他のアプリでも1Passwordを使ったIDとパスワードの入力が出来る点も魅力。
まだまだ未完なGoogle Smart Lockですが、スマホとパソコンで同じデータを使えるのは便利。
iPhoneのChromeでも使えるので、Windowsを使っていてiPhoneも使っている人は、SafariからChromeに乗り換えるってのもいいかもしれません。

関連ページ

Google Play Musicを解約する方法 iPhoneとアンドロイド編

Google Play Musicを解約する方法を紹介します。iPhone版やアンドロイド(スマホ)の解約方法の両方を紹介します。

クレジットカードのGoogle Musicの明細先日、クレジットカードの明細を見ていたら、まったく使っていないのに、毎月毎月Google Musicの支払いがあることに気が付きました。
10ヶ月ほど支払っていたようで、約8,000円ほど気が付かずに払っていたことになります。
今回はGoogleミュージックの解約の仕方を紹介します。

目次

アンドロイドでGoogleミュージックを解約するには

Playストアアンドロイド(スマホ)でGoogleミュージックを解約するのは簡単。Google Musicにかかわらず定期購入しているコンテンツを解約するには、「Play ストア」を開きます。

左上をタップ左上のメニュー をタップします。

下へスクロール画面左からメニューが出てくるので、下にスクロールします。

アカウント情報をタップアカウント情報」をタップします。

定期購入をタップ「定期購入」をタップします。

キャンセルをタップ「キャンセル」をタップします。

定期購入を解約しますか定期購入を解約していいか聞いてくるので、「定期購入を解約」をタップします。

これでGoogle Musicを解約することが出来ました。なお、解約しても期限まで聞くことが出来ます。

iPhoneやPCでGoogleミュージックを解約するには

iPhoneには「Playストア」がないのでブラウザを使って解約します。

左上のメニューをタップGoogle Playを開き、左上のメニュー をタップします。

メールアドレスを入力まだGoogle Playにログインしていない場合は、メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

アカウントをタップ左側からメニューが出てくるので、「アカウント」をタップします。

定期購入の定期購入を解約をタップ「定期購入」の部分にある「Google Play Music」を探し、「定期購入を解約」をタップします。

確認してくるのでタップ定期購入を解約していいか聞いてくるので、「定期購入を解約」をタップすれば完了です。

解約後、ダウンロードした音楽は聞ける?

Google Play Musicで曲をダウンロードなお、Google Play Musicは、曲を聞いたりアーチスト単位で曲をダウンロードすることが出来ます。

ダウンロード済みのみ設定で「ダウンロード済みのみ」を表示させるようにしていると、期限が切れて局が表示されなくなって焦ってしまうかも。

解約後、期限がすぎるとダウンロードした曲も聞けなくなってしまうので注意してください。
ただし、CDやパソコン等からスマホに移した曲は消えないようです。

関連ページ

dアカウントの作成

dアカウントは、ドコモユーザーでなくても作成でき、ドコモのメールアドレスももらえる便利なサービスです。ドコモnetやdカードの作成などに必要です。

dアカウントとはドコモの「dポイント」やおサイフケータイの「iD」や「dカード」などを利用するために必要なドコモのサービスです。以前は「docomo ID」と呼ばれていましたが、「dアカウント」に名称が変更になり、ドコモ以外のauやSoftbankユーザーでも「dアカウント」をもてるようになりました。
auやSoftbankユーザーにもおすすめで、個人的には「dマガジン」と「ドコモ光」、そして「iD」がおすすめ。これららを利用するのに必要なのが、「dアカウント」です。

dアカウントを作成するには

dアカウントの作成dアカウントを作成するには、dアカウント発行のページから行います。

ドコモユーザーの場合は、「発行する」をタップしてください。

ドコモユーザーでない場合や、ドコモメール以外のメールでアカウントを作成したい場合は、「カラメール送信で発行する」をタップします。

ドコモユーザーの場合

携帯電話番号とネットワーク暗証番号を入力ドコモユーザーの場合は、ドコモの携帯電話の電話番号を入力し、「ネットワーク暗証番号」を入力します。
ネットワーク暗証番号を忘れてしまった場合は、ドコモのネットワーク暗証番号を調べるにはを参考にしてください。

SMSで届いたワンタイムキーすると、入力した電話番号宛にSMS(ショートメール)が届きます。このSMSには6桁の「ワンタイムキー」が記載されているので、このワンタイムキーをメモしておきます。

ワンタイムキーを入力先程のページがワンタイムキー入力になっているので、SMSで送られたワンタイムキーを入力し、「次へ進む」をタップします。

dアカウントのIDの作成基本的には「ドコモメール」のメールアドレスがdアカウントのIDになりますが、別のもので登録したい場合はメールアドレスを入力してください。

その下でパスワードを決めます。
パスワードは半角英数字と記号を使った8~20桁のパスワード。
必ず数字か記号を1文字以上混ぜて作成します。

パスワードの安全度パスワードを作成するときは、「パスワードの安全度」が「強」になるようにしてください。

「内容を確認する」をタップして進みます。

上記の内容で発行する入力した内容が表示されるので、「上記の内容で発行する」をタップすればdアカウントが作成されます。
IDとパスワードは忘れないように、1Passwordなどのアプリで管理しておくといいかと思います。

ドコモ以外のユーザーの場合

auやSoftBank、格安SIMなどを使っている人は以下のようにしてdアカウントを作成します。

dアカウントの作成「ドコモ以外のお客様」にある「空メール送信で発行する」をタップします。
なお、このボタンはiPhoneなどのスマホでないとうまく動作しません。
PCから作成するときは、「空メールの送信がうまくいかない方」をクリックするか、その下の「Google+」や「Yahooアカウント」「Facebook」や「Mixiアカウント」を利用してアカウントを作成してください。

許可をタップ「カラメール送信で発行する」をタップすると、このような警告が表示されるので、「許可」をタップします。

送信をタップ空メール用のメールが作成されるので、このまま「送信」をタップします。

URLをタップするとすぐにこのようなメールが返ってきます。
記載されているURLをタップします。

パスワードと性別と生年月日パスワードや性別、生年月日を入力し、「規約に同意して進む」をタップします。

上記の内容で発行する確認画面が表示されるので、「上記の内容で発行する」をタップすればdアカウントが作成されます。

Facebookを利用するには

Facebookにログインdアカウントの作成には、Facebookなどのすでに取得したアカウントを利用することも出来ます。
「Facebookアカウントで発行する」をタップすると、このような画面になるので、FacebookのIDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。

Facebookの認証を利用して作成する場合あとは指示に従って進んでいけばdアカウントが作成されます。

Yahooアカウントを利用する場合Yahoo!ジャパンアカウントでも同じように作成することが出来ます。

関連ページ

2017/04/17 18:59 【 dアカウントの作成 】 | コメント |

トップへ

 

カテゴリー

最新の記事