DoCoMoのAndroidでテザリングするには

ドコモのスマートフォン、Androidでははじめからテザリングができるようになっています。設定の方法とパソコンで接続する方法を紹介。

DoCoMoのAndroidでテザリングするには

 

Last update 2016-05-11 18:22

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

iPhoneやアンドロイドでパケット定額プランに契約していれば、スマートフォンを経由して、iPadやパソコン、DSやPSPなどをインターネットに接続することが出来ます。

Sponsored Link

 

テザリングとは?

テザリングとは、モバイルルーターやスマートフォンをモデム(インターネットに接続する機械)替わりにしてネットに接続することです。
テザリングをすれば、屋外でiPadやノートパソコンをスマホ経由でインターネットに接続できるようになります。
簡単に言ってしまえば、スマホとノートパソコン(やiPadなど)とをWi-Fiで接続し、スマホ経由でインターネットに接続できるようになるってことですね。
「難しくてよくわからない!」って人でも大丈夫。スマホでテザリングする方法はすごく簡単。

このページでは、アンドロイドやiPhoneでテザリングをする方法や、パソコンやiPadでテザリングを利用してインターネットに接続する方法を画像で詳しく紹介しています。

テザリングの料金

ドコモの場合

ドコモのスマホアンドロイドやiPhoneの場合、パケット定額プランに加入していれば無料でテザリングを使用することが出来ます。ただし、2年以上前の折りたたみの携帯のような古いスマホ以外の機種の場合は、有料になる可能性があるので確認して下さい。

auとソフトバンクの場合

ソフトバンクやauの場合auとソフトバンクも新料金プランであれば、無料で使用できます。が、ホワイトプランのような旧プラン(2014年以前に契約したプランのまま使っている場合)は、契約から2年を経過したものに関しては、1ヶ月500円がかかってしまうので注意してください。

Y!mobileの場合

Y!モバイルもドコモと同じで、はじめから無料でテザリングを使用できます。
パソコンをテザリングでインターネットに接続すると、パケット使用量が多くなります。
Y!モバイルの「スマホプランL(7GB)」だと、無料通話+7GBの制限/月で5,980円なので、6,500円のドコモの「データSパック(小容量)」の2GBの3倍以上使用できるので、Y!モバイルの方が安上がりかも。

DoCoMoとY!mobileの料金の比較
  プラン&料金 通信容量
DoCoMo カケホーダイ
spモード
データMパック
5GB
8,000円
DoCoMo カケホーダイ
spモード
データLパック
8GB
9,700円
Y!mobile スマホプランL 7GB
5,980円

テザリングの設定

テザリングの仕方はすごく簡単ですが、iPhoneとアンドロイドでやり方が違います。

iPhoneの場合

設定をタップまずは、「設定」をタップします。

インターネット共有をタップドコモとソフトバンクの場合は、「インターネット共有」をタップします。

auの場合モバイルデータ通信をタップauの場合はこの画面に「インターネット共有」という項目がないので、「モバイルデータ通信」をタップし、

auの場合「インターネット共有」をタップします。

インターネット共有をオンにするここからはドコモ、au、ソフトバンク共通です。「インターネット共有」が灰色になっている場合、ここをタップしてオン(黄緑色)にします。
その下の「Wi-Fiパスワード」が接続するときに入力するパスワードです。ここをメモしておくか、タップして好きなパスワードに変更することが出来ます。

Wi-FiパスワードWi-Fiのパスワードをタップすると、パスワードを変更できます。
パスワードは8文字以上になります。
パスワードを変更したら、右上の「完了」をタップします。

これでテザリングがオンになりました。

接続中の場合テザリング中にパソコンやiPadなどを接続していると、画面のうえのほうが青くなります。
この青い部分をタップすると、すぐにテザリングの設定画面を表示させることが出来ます。

テザリングをオフにする

インターネット共有をオフにするテザリングをオンにしたままだと、バッテリーを消費してしまうので、使わない時はオフにします。
「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」と開いていくと、先ほど設定した画面になるので、ここの黄緑色の部分をタップし、オフ(灰色)にします。

iPadで接続するには

設定をタップWi-FiのiPadでテザリングを利用してインターネットに接続するには、「設定」をタップし、

iPadで接続する場合①「Wi-Fi」をタップ。
②「Wi-Fi」をオン(黄緑色)にします。
③iPhoneのテザリングがオンになっている場合、ここにiPhone6のような名前が表示されるので、ここをタップします。

Wi-Fiパスワードを入力するWi-Fiパスワードを聞いてくるので、先ほどの「Wi-Fiのパスワード」に記載されていた(もしくは自分で設定した)パスワードを入力します。

スマホ(アンドロイド)の場合

XPERIAの場合

その他の設定をタップ「設定」を開いたら、「その他の設定」をタップします。

テザリングをタップ「テザリング」をタップします。

Wi-Fiテザリング設定をタップ①「Wi-Fiテザリング」をオンにし、②「Wi-Fiテザリング設定」をタップします。

Wi-Fiテザリング設定「Wi-Fiテザリング設定」をタップします。

パスワードを確認②に記載されているパスワードをメモしておきます。
(一度接続すると記憶されるのではじめて接続するときだけ必要になります)

また、その上の「ネットワーク名(SSID)」の名前も覚えておきます。

パスワードを簡単にするパスワードが覚えにくい場合は、8桁以上の好きな英数字のものに変更できます。

パスワードを変更した場合は、「保存」をタップして戻ります。

クィック設定ツールこれでXperia経由でインターネットに接続できるようになりました。
なお、テザリングのオン・オフは、画面を上から指でなぞると表示される「クィック設定ツール」にスイッチ用のアイコンがあるので、ここをタップしてもオン・オフできます。

使わない時はオフにテザリング中はバッテリーを大量に消費するので、使用しない時はオフにしておいてください。

パソコンに接続する場合は、「パソコンを接続するには」に進んでください。
iPadを接続する場合は、「iPadを接続するには」に進んでください。

GALAXYの場合

Galaxy の設定Galaxyでテザリングをするには、「設定」を開き、

GalaxyのWi-Fiテザリング「Wi-Fiテザリング」をオンにします。

パスワードを確認接続用のパスワードなどは、「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開くと記載されています。
パスワードは8文字以上の英数字であれば、自由に変更することが出来ます。

その他の機種

設定「設定」を開きます。

ネットワーク設定「無線とネットワーク」にある「ネットワーク設定」をタップします。

テザリングとアクセスポイント「テザリングとアクセスポイント」をタップします。

Wi-Fiテザリング「Wi-Fiテザリング」にチェックを入れると、テザリングが開始されます。
ここのチェックを外すと、テザリングが終了します。

パスワードは?

パスワードを確認アクセスポイント名や接続用のパスワード、接続の種類(セキュリティ)は、「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開くと表示されます。
パスワードは「パスワードを表示する」で表示されるようになります。なお、パスワードは自分で設定することが出来ます。8文字以上の半角英数字を入力し、保存をタップすると好きなパスワードを設定することが出来ます。

簡単にテザリングをオン・オフにする

アンドロイドの場合、テザリング用のウィジェットを配置しておけば、簡単にテザリングのオン・オフが出来ます。

テザリングON/OFFWi-Fiテザリングスイッチャーなどのテザリング用のアプリやウィジェットをインストールしておくと、アイコンをタップするだけでテザリングを開始したり停止したり出来るようになります。
テザリングを開始したい時は、このアイコンをタップするだけ。

起動するだけでテザリングをオンにしてくれる画面に一瞬このような表示が現れ、テザリングがオンになります。

再びアイコンをタップするとテザリングがオフになります。
別のWi-Fiがある状態だと自動でそのWi-Fiに接続してくれます。

接続するには

パソコンから接続する

Windows10の場合

Wi-Fiのアイコンをクリックタスクバーにある「Wi-Fi」のマークのアイコンをクリックします(画像参照)。

Xperia Z3をクリック「iPhone」とか「Xperia」とか「Android」というような名称のアクセスポイントをクリックします。

接続をクリック「自動的に接続する」にチェックを入れると、以後、自動で接続します。
「接続」をクリック。

Wi-Fiのパスワードを入力する「設定」するときに表示されていたWi-Fiのパスワードを入力します。

はいをクリックこの画面になったら「はい」をクリックしてください。

Windows8の場合

Windows8の場合Windows8の場合、マウスカーソルを画面の右下へ移動させます。
すると、「チャーム」と呼ばれる帯のようなものが右側から出てくるので、「設定」をクリックします。

アンテナのアイコンをクリックアンテナのようなアイコンがあるので、ここをクリックします。

iPhoneをクリックiPhoneでテザリングを行う場合、「iPhone」の名称が入ったアクセスポイントがあるので、ここをクリック。
アンドロイドの場合、「Android」とか端末の名称になっています。

接続をクリック「自動的に接続する」にチェックを入れると、以後、自動で接続します。
「接続」をクリック。

Wi-Fiのパスワードを入力する「設定」するときに表示されていたWi-Fiのパスワードを入力します。

はいをクリックこの画面になったら「はい」をクリックしてください。

これでスマホのテザリングに接続して、インターネットを使用することができるようになります。

Windows7の場合

タスクバーの右下の無線LANネットワークのアイコンをタップパソコン画面右下のタスクバーにある■色で囲まれているアイコンをクリックします。

AndroidAPの接続をクリックするとこのように接続可能なアクセスポイント(無線LANルーターのこと)の一覧が表示されるのでこの中から「AndroidAP」とか「SH-02E」というような機種名が書かれたものを探し、クリック。
画像のように「接続」というボタンが表示されるのでクリックします。

セキュリティキーを先ほど設定したパスワードを入力パスワードの入力画面が表示されるので、先ほど設定(もしくは確認)したパスワードを入力します。

テザリングできたパスワードが正しければこのような表示になり、テザリングが成功します。
あとはいつものパソコンでインターネットを見るようにネットに接続ができます。
注意点としては、テザリングをするとスマートフォンのバッテリーがかなりはやく消耗すること。
そのためスマホ側は充電しながら使うとよいでしょう。
結構びっくりするぐらいバッテリーが減っていきます。

それとDoCoMoのパケホのプランによっては、あまりパケット通信をし過ぎると(3日間のパケット通信量が300万パケット以上)制限を受ける可能性があります。
そのため、ADSLやBフレッツの代わりとして使いたい。なんて場合、300万パケットはあっという間に達してしまうので、注意が必要です。

古い機種の場合

FOMA対応スマートフォンや古い機種のテザリングのやり方は、以下になります。

設定をタップしますAndroidでテザリングを行うには、「設定」をタップして起動させます。

無線とネットワークをタップ「無線とネットワーク」をタップします。

テザリングをタップ「テザリング」をタップします。

Wi-Fiテザリング設定をタップ「Wi-Fiテザリング設定」をタップします。

テザリングの説明テザリングに関する簡単な説明が表示されます。
どうやら最大8台まで接続させることが出来るようです。
OKをタップします。

パスワードを設定

Wi-Fiテザリングを設定をタップまずは接続用のパスワードを確認・設定します。
「Wi-Fiテザリングを設定」をタップします。

パスワードを設定する最初に「パスワードを表示」にチェックを入れます。
すでにパスワードが設定してありますが、好きなパスワードに変更することができます。
ここでは「12345678」にしてみました。
パスワードは半角で8文字以上の必要があります。
もちろん最初に入力してある値を変更しなくてもOK。
ここのパスワードはパソコンから接続するときに必要になってくるので、値をメモしておきます。

「保存」をタップ。

注意点

バッテリー

実際にスマホでテザリングをしてみるとわかるのですが、バッテリーがみるみる減っていきます。
なので基本はUSBでノートパソコンから充電しながらテザリングする使い方になると思います。
あるいは一部のマクドナルドではパソコン用の電源を用意している店舗もあるので、そういった公共施設を利用してもいいかもしれません。

パケット制限

ドコモやau、SoftBankのスマホの料金は、最も安いプランだと、2GBのパケット通信を行うと、パケット制限を受けてしまいます。
パソコン用サイトや、パソコンでYouTubeを見ると、あっという間に2GBに達してしまうので注意が必要です。

もし、テザリングをする機会が多い場合、BIGLOBE WiMAX 2+のモバイルルーターを別途契約したほうが、安上がりかもしれません。
WiMAXの場合、パケット量の制限がないので、私の友人で自宅にインターネット回線がない人は、モバイルルーターを使用しています。
3,620円/月なので、Bフレッツなどのインターネット回線を解約して、WiMAXのみで使用すると安上がりに済ませることが出来るかもしれません。

パケット使用量をチェックするには

データ使用をタップその月の使用したパケット(データ通信)量をチェックするには、「設定」を開き、「無線とネットワーク」にある「データ使用」をタップします。

データ使用量をチェックすると、このように指定した期間内に使用したデータ通信を確認することが出来ます。
「データ通信の制限を設定する」にチェックを入れると、指定したパケット使用量を超えると、データ通信をストップすることが出来ます。
この場合、Wi-Fiは使用できるので、心配な人はチェックを入れておくといいかもしれません。

まとめ

スマホでテザリングを行えば、Wi-Fiのみのタブレットやノートパソコンなどで、屋外でもインターネットが利用できます。
現在では、どの旅館やホテルでも、たいていは無料のWi-Fiが用意されていますが、車中泊やドライブに行った時や、屋外で任天堂3DSやPSPなどを行うときに、スマホがあれば簡単にインターネットに接続できるようになります。

ただし、注意点でも書いたとおり、2013年の新料金プランにより、パケット使用量の制限が一気に下がってしまいました。
なので、スマホでのテザリングは、パケットの使用料に注意してください。

関連ページ

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsard Link

 

 

2016-05-11 18:22 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理