IIJmio 高速モバイル Dを申し込んだ

月々945円で128kbpsのデータ通信回線が使えるIIJmio:高速モバイル/Dに申し込んでみました。イオンと違って、インターネット上から申し込めます。

 
 

Home  About  BBS  Mail  Link

 
 

IIJmio 高速モバイル Dを申し込んだ

 

 

Last update 2012/04/07 22:36

 

インターネットイニシアティブが販売する、IIJmio:高速モバイル/Dという月々945円(定額)でデータ通信が行えるSIMカードを申し込みました。
IIJmioには、いくつもサービスがあるのですが、その中でも最も注目されているのが、IIJmio:高速モバイル/Dというプラン。
何がすごいかというと、イオンb-mobileよりも安い945円/月でスマートフォンなどでデータ通信(要はインターネット)ができちゃうんです。
イオンbmobileとの違いは、以下。

  • イオンb-mobile(980円)より安い(945円。税込)
  • イオンb-mobile(100kbps)より高速(128kbps)
  • iPhoneに使用されているMicro SIMがある
  • 追加料金を払えばで高速通信(LTE)も使える
  • オンラインで契約できる(イオンb-mobileはイオンの店頭のみ

イオンb-mobileより28kbps速いだけか。と思ったんですけれど、実際は150kbpsぐらい出るので、2~3倍ぐらい速いです。(イオンb-mobileは、実測40~90kbps)
また、どうしても高速でデータ通信が行いたい!なんてときは、クーポンを購入すると、100MBあたり525円でLTEが使えるので、普段はWi-Fiを使っていて、月1回、屋外でデータ通信をするかしないか程度の使い方の人は、めちゃめちゃお得かもしれません。
(100MBは、音楽20~30曲ぐらいか、YouTubeを5~15回見れるぐらい。Yahoo!のトップページ(200KB)を500回見れるぐらい)
※ LTE(Xi)の圏外の場所ではフォーマ回線を使用

また、SIMフリーのiPhoneにも対応したMicro SIMカードも提供されているので、外国で購入したiPhoneに刺して使うこともできます。

申し込み

イオンと違って申し込みは、オンラインで行います。
初期費用として3,150円がかかり、支払はクレジットカードのみ。
あとは、端末を自分で用意する必要があります。
私がヤフオクで購入したXperia rayはもちろん、他のXperiaやサムソンのGALAXYなどドコモのスマートフォンであれば、ほとんど使うことができるので、ヤフオクや白ロムを購入しておく必要があります。
動作可能一覧はこちら

お見積もりとお申込みをクリック
IIJmio 高速モバイル/Dの詳細ページにいき、「お見積もりとお申込み」をクリックします。

高速モバイルDの選択をクリック
月々945円のプランは、「高速モバイルD」になります。
「選択」をクリック。

ミニマムスタンダード128プラン
ファミリーシェア1GBプランとは、SIMカード3枚の契約ができ、LTEを月々1GBまで使うことが出来るプラン。
3枚あるので、アンドロイドタブレットを持っている人や、複数のアンドロイドを持っている人、家族でスマートフォンを持っている人におすすめです。
ただし、月額料金は2,940円(税込)。
3人で割ると、SIM1枚あたりの料金は980円で、さらにLTEが1GBまで使えるので、複数人でシェアできる人は結構お得なプランです。

私のようにSIM1枚で、945円に収めたい人は「ミニマムスタンダード128kプラン」になります。
こちらのプランも、クーポンを購入すればLTE回線も使えます。
う~ん。これならほんとにiPhoneを2段階制のパケットプランにしちゃっていいかも。

初期費用3150円。月額料金945円
初期費用3,150円と月額料金が表示されます。
これ以外に、ユニバーサルサービス料の5.25円がかかります。

「お申し込みへ進む」をクリックします。

IIJ会員登録をクリック
すでにIIJに会員登録をしている場合は、ログインを。
そうでない場合は、IDとパスワードを決めます。
IIJmio会員登録をクリックします。

同意するをクリック
使用許諾書が表示されるので、目を通したら「同意する」をクリック。

メールアドレスを登録
認証メールを送るメールアドレスを登録します。

メールアドレスの登録が完了した
登録したメールアドレスに、認証用URLが記載されたメールが送信されます。

メールアドレスに記載されたURLをクリックします
このようなメールが届くので、記載されたURLをクリックします。

名前、生年月日、郵便番号、住所、電話番号などを入力
名前、生年月日、住所、電話番号を入力します。

下の「連絡先」は、「電話」で記入した電話番号でもOKです。

クレジットカード情報と、パスワードを決めます
クレジットカード情報を入力し、ログイン用のパスワードを決めます。

上記の内容を確認して会員登録をする
確認画面が表示されるので、間違っていないか確認し、「上記の内容を確認して会員登録をする」にチェックを入れ、送信します。

お申し込みへ進むをクリック
mioIDと、設定したパスワードが表示されます。
このIDとパスワードは、管理画面にログインするときに必要(クーポンを購入したり、解約したり、メールアドレスを変更したりする)なので、絶対に忘れないようにしてください。

申し込むプランを選択します
SIMカードのタイプと、配達時間等を設定します。

ミニマムスタンダード128プランで標準SIMを選択しました
普通のスマートフォンは、普通のSIMでOKですが、SIMフリーのiPhoneの場合は、Micro SIMになります。
どちらに該当するかは、こちらで確認できます。

配達指定時間を選択します
配達人、配達時間を入力します。
家に誰もいないと、届けることができないみたいなので、必ず家に誰かがいる時間を指定してください。

ご契約へ進むをクリック
すべての設定が完了しました。
「ご契約へ進む」をクリックします。

確認画面が表示されます
確認画面が出るので、最終確認をします。

上記の内容を確認・同意
「上記の内容を確認・同意」にチェックを入れ、「ご契約」をクリックします。

最終確認画面が表示される
やっと契約が完了しました!
あとは届くのを待つだけです。
なお、私の場合は、2日で届きました。
首都圏なら2日ぐらいで来ると思います。

メールが届く
契約が成立したことを記載したメールが届きます。

利用開始までの流れ
利用開始までの流れが記載されたメールも届きます。
アンドロイドでの設定方法は、別のページで紹介します。

まとめ

さて、気になる速度は??
イオンb-mobileと比べてどうか?
050Plusは使えるか??
設定方法は?
など、疑問があると思いますが、次回以降、紹介したいと思います。
ちらっとだけいってしまうと、イオンb-mobileよりずっと使えます!
イオンのb-mobileは、データ通信に価格破壊をもたらしてくれたすごいサービスだとは思いますが、実際に比べてみた結果、IIJmioの方は実用的なレベルで使えます(イオンb-mobileも使えますが、050Plusや音声通話はほぼ不可

 

2012/04/07 22:36 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理