iPhoneからスマホ(アンドロイド)へ電話帳を移すには

iPhoneからスマホ(アンドロイド)へ電話帳のデータを簡単に移す方法を紹介します。ちなみにスマホとは、アンドロイドのことですね。

iPhoneからスマホ(アンドロイド)へ電話帳を移すには

 

Last update 2016-04-30 01:48

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

今までiPhoneを使っていた人が、スマホ(一般にスマホと呼んでいるのは、アンドロイドのことです)に買い換えた場合に、iPhoneから iPhoneの連絡先 連絡先のデータを移す方法を紹介します。

Sponsored Link

 

目次

電話帳データの取り出し

iPhoneからアンドロイドへ電話帳を移動、コピーする方法はたくさんあるのですが、その中で簡単なものを紹介します。
新しくスマホを購入してからおこなってもいいのですが、データの抽出は購入までもできるので、あらかじめ準備しておくといいかもしれません。

データを抽出する

最もかんたんなのが、iPhoneの連絡先のデータを取り出し、新しいスマホに取り込む方法です。
以下、やり方。

MCBackup

MCBackupまずは、MCBackupという、無料で連絡先のデータを抽出できるアプリをiPhone側にインストールします。

Backupをタップする起動させるとこのような画面になります。
Total : 43 Contacts
と書かれている部分は、連絡先に保存されているアドレスの数です。

①のBackupをタップします。

Emailをタップすぐにデータが抽出されます。

②の「Email」の部分をタップします。

自分宛てに送信Eメールアプリが立ち上がるので、「宛先」の部分に自分のメールアドレスを指定します。
もし、新しい機種にするときにメールアドレスが変更になる場合は、新しいメールアドレスを指定します。

添付ファイルを確認し送信右上の「送信」をタップします。

バックアップが完了したMCBackupの画面に戻ります。
英語で書かれていますが、「バックアップ処理が正常に完了しました。
あなたの受信トレイを確認してください」というようなことが書かれています。

OKをタップして閉じてください。

新しいスマホ側での操作

今度は新しいスマホ側での操作です。以下はドコモのスマホの場合の例。
auやSoftBankでも、ほぼ同じ操作になります。

メールアプリを開く「ドコモメール」か「メール」を開きます(送ったアドレスによって違ってきます)。

使用許諾の内容に同意する初めて「ドコモメール」を開くと、このようにソフトウェア使用許諾誓約書が開くので、「使用許諾の内容に同意する」にチェックを入れ、②「利用開始」をタップします。

ようこそドコモメールへようこそ画面になるので、一番下にある「OK」をタップします。

受信BOXをタップするフォルダ一覧の一番上にある「受信BOX」をタップします。

MCBackup My Contactsをタップする「MCBackup - My Contacts ・・・」と書かれているメールをタップして開きます。

画面下に表示された添付ファイルをタップ下の方に表示されているクリップのアイコンが有る部分(MyContacts...vcf)をタップします。

保存先を選択でGoogleを選択保存先を聞かれるので、Googleの方をタップします。

docomoの方でも構わないのですが、auやSoftBankに移動するときめんどくさいので、Googleの方にしておいたほうがベター。

まもなくインポートされますまもなくインポートされますというような表示になります。

これでiPhoneの連絡先のデータを新しいスマホの方に取り込むことが出来ました。

ドコモ電話帳ドコモのスマホには、「ドコモ電話帳」という連絡先アプリがインストールされているので、これを開きます。

ドコモ電話帳がわからない場合

アプリ一覧をタップ初めてスマホを使う場合、「ドコモ連絡帳」が表示されていないかもしれません。その場合は、アプリ一覧(丸で囲ってある部分)をタップします。

ドコモ電話帳を探す横にページをスライドさせていくと、「ドコモ連絡帳」というのがあるので、これを開きます。

連絡先がインポートされた無事、iPhoneの連絡先のデータが、新しいスマホ(アンドロイド)に取り込まれました。

連絡先が重複してしまった場合

二重に登録された場合最近のiPhoneやスマホは、連絡先のデータを自動でネット上に保存し、データが消えたり、買い換えた場合もネットに繋ぐだけですぐに復元するようになっています。
もし、今回の方法で取り込んだ時に復元されたデータと、取り込んだデータで重複してしまった場合は、以下の方法で全削除して、もう一度取り込みます。

メニューから削除を選択右上の①の部分をタップし、②「削除」をタップします。

全選択をチェック重複してしまったアドレスを1つ1つチェックしていってもいいのですが、数が多い場合は、「全選択」をチェックします。

②の「決定」をタップします。

削除をOK本当に削除していいか聞いてくるので、OKをタップします。

連絡先が全部消えた連絡先が全て削除できました。

削除した数が多すぎる場合なお、一度にたくさんのアドレスデータを削除すると、このような確認が表示されます。
なので、誤って消してしまっても復元することが出来ます(その場合は「元に戻す」をタップ)。

あとはもう一度メールで送られてきた抽出データを取り込みます。
データのインポートに進んでください。

ドコモクラウドって?

ドコモクラウドをタップドコモの連絡先の右上に雲のようなアイコンがあります。これが「ドコモクラウド」の設定用のボタンです。
ドコモクラウドとは、アドレスなどの重要なデータを自動でネット上にバックアップする機能のことで、無料で使えます。
この機能をオンにしておくと、万が一連絡先のデータが消えたり、新しいスマホに買い換えたりしても、すぐにデータが復元します。

使い方は、この雲のアイコンをタップします。

利用するにチェック初めて使う時だけ、このように聞いてくるので「利用する」にチェックを入れ、②の「次へ」をタップします。

了承して進む注意事項が表示されるので、「了承して進む」をタップします。

クラウドの同期を開始しましたクラウドの同期が開始されました。

これで、万が一データが消えても、ネット上から復元することが出来ます。

関連ページ

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsard Link

 

 

2016-04-30 01:48 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理