アンドロイドでパソコンとファイル共有

アンドロイドからパソコンなどのファイルやフォルダにアクセスできるファイル共有機能を使えば、Nexus 7のようなSDカードが使えない端末から

アンドロイドでパソコンとファイル共有

Sponsard Link

 

Last update 2014/08/01 12:28

 

nexus 7のようなSDカード未対応の端末の場合、どうしても内蔵メモリの容量が足りなくなる場合が多々あります。
とくにnexus 7は7インチと画面が大きいので、動画や自炊した電子書籍を読むのにちょうどよく、ついついファイルを詰め込みがち。
そんな場合でも、簡単にWindowsやNASなどにアクセスが出来るスマホのファイル共有を紹介します。

ファイル共有とは?

ファイル共有とは、パソコン内の特定のフォルダを他のパソコンやスマホ、タブレットなどからアクセス出来る機能で、WindowsやMacに標準で備わっている機能。
もちろんアンドロイドからもアクセスできます。
単にアクセス出来るだけでなく、プリンターを使ったりすることもできます。
ただし、Windows側に設定が必要なのと、アンドロイド側にもアプリが必要なので、このページで細かく解説したいと思います。

パソコンのエクスプローラーパソコン内に保存されている動画も。

ファイルも表示スマホ側からアクセス。
好きなファイルをタップすれば・・・

再生させることができた動画を再生することもできちゃいます。

これなら容量が少ないタブレットでも好きなだけファイルを扱うことができます。

同じネットワーク(LAN)内のパソコンのファイルにもアクセスできるし、「OneDrive」や「DorpBox」などのクラウドストレージサービスにもアクセスできます。

Windows側の設定

右クリックでプロパティファイルを共有したいフォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

共有タブをクリック「共有」タブをクリックし、「共有」ボタンをクリックします。
共有したいフォルダは、フォルダ単位でなくドライブ全体を共有することもできますし、DVDドライブなどを共有させることもできちゃいます。
ただ、セキュリティ的にCドライブ全体を共有させるのは避けたほうがいいかもしれません。

枠の部分をクリック続いてオレンジ色の枠の部分をクリックします。

Guestを選択するとWindowsを使っているユーザーや「Guest」などが標示されるので、その中から「Guest」をクリック。

追加をクリック右隣の「追加」をクリックします。

アクセス許可に加わったすると下の許可リストにGuestが追加されました。
「アクセス許可のレベル」を「読取り」にすればスマホ側からは削除したり、ファイルを追加したりすることができません。
「読取り/書き込み」にすると、ファイルを追加したり編集することも可能です。

共有をクリック最後に右下の「共有」ボタンをクリックします。
共有するための準備が開始されます。
場合によっては時間がかかる場合があります。

終了をクリックするとファイいるの共有に追加されました。
最後に右下の「終了」ボタンをクリックすれば、共有が開始されます。

Windows側の設定はこれで完了です。
共有させたいフォルダがいくつもある場合は、同じ作業を繰り返します。

アンドロイド(スマホ)側の設定

ESファイルエクスプローラー

ESファイルエクスプローラーアンドロイドはiPhoneと違い、内蔵メモリの中身やSDカードの中身をWindowsのエクスプローラーのように見ることができます。
アンドロイドの中身を参照するにはファイル管理用のアプリが必要なのですが、最も人気が高く「ESファイルエクスプローラー」は、Windowsライクな表示で使いやすく、Androidの中身だけでなく同じネットワーク内やFTPなどにもアクセスが出来る超便利なアプリ。
しかも無料!

起動させるとこのようにアンドロイドの内蔵メモリ内のフォルダが標示されます。

このようにWindowsのエクスプローラーよりクール。
アイコン表示だけじゃなくてリスト表示も可能。

サムネイル表示されるファイルもこのようにアイコン表示。
ファイル形式によってアイコンが違うのでわかりやすい。
画像などはサムネイル標示されます。

アプリを選択するファイルをタップすると、対応したアプリの一覧が標示され、好きなアプリから開くことができます。

このようにESファイルエクスプローラーは、アンドロイドではぜひともインストールしておきたいアプリの一つ。

LAN

左上をタップさて、先ほど設定したWindows内のフォルダにアクセスするには、ESファイルエクスプローラーの左上の◯で囲まれた部分をタップします。

ネットワークをタップ「ローカル」はアンドロイド内のメモリ内。
「ネットワーク」は同じネットワーク上のパソコンなど。
「FTP」はFTPサーバー上のファイル。
それからBluetoothを利用してファイルのやり取りをしたり、DropboxやSkyDriveなどといったクラウドサービスへもアクセス可能です。

LANをタップWindowsのフォルダにアクセスするには「LAN」をタップ。

スキャンをタップ「スキャン」をタップすると同じネットワークにつながっているパソコンを探しだしてくれます。

見つかったパソコンこのように「192.168・・・」で始まるIPアドレスのアイコンが見つかったパソコンです。
この192で始まる数値は、パソコンのIPアドレスになります。
複数パソコンがつながっている場合は、接続したいパソコンのIPアドレスを調べておいてください。

パソコンの中身パソコンのアイコンをタップすると、そのパソコン内の共有フォルダの一覧が標示されます。

スマホからファイルを編集ESファイルエクスプローラーでは、単にファイル共有が出来るだけでなく、アンドロイド内にコピーしたり、名前を変更したりすることができます。
ただしファイル名を変更したり、削除する場合はファイル共有の設定で「書き込み」が出来るように設定しておく必要があります。

クラウド

クラウドをタップ「ESファイルエクスプローラー」では、インターネット上に保存したファイル(クラウドストレージサービス)にも対応しています。
例えば、Windows8.1で標準で使用できる「OneDrive」や、昔から使われている「DropBox」や「SugerSync」等のファイルにもアクセスできます。
先ほどの画面で「クラウド」をタップします。

クラウドストレージサービスの一覧ESファイルエクスプローラーからアクセスできるクラウドストレージサービスの一覧が表示されます。

サインインここでは、OneDriveのファイルにアクセスしてみます。
最初の1回だけ、ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力します。

アクセスの許可アクセス許可を求めてくるので、「はい」をタップします。

OneDriveの中身「OneDrive」にアクセスすることが出来ました。

NAS

ルーターのNAS私が使っている無線LANルーターは、USBメモリを差し込んで、ファイルサーバーとして使用することができます。
自宅や会社などで複数パソコンがある場合、すべてのパソコンから同じファイルなどを参照したい場合、ファイルサーバーをたちあげておいて、そこにファイルを纏めておくといつでもどのパソコンからもファイルにアクセスすることができます。
このようなファイルサーバー専用の機器のことをNASといいますが、最近のルーターはNASの機能を持ち合わせているので、簡単にファイルサーバーを構築することができます。

まとめ

nexus 7は内蔵ストレージの容量が16GBしかないのですが、この方法を使えばタブレットやスマホに保存しなくてもファイルにアクセスすることができます。
動画などは2GBなど大きくなってしまいがちですが、ファイル共有でパソコンに保存しているファイルを見るようにすれば、ストレージの節約にもなります。
一度見た動画は、何度も見るわけではないのでこの方法なら削除する手間もなく、ファイルの管理も簡単。
ぜひ、パソコンがありWi-Fi環境があればファイル共有を使ってみてください。

 

Sponsard Link

 

 

2014/08/01 12:28 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理