スマホ(アンドロイド)の写真や画像をパソコンに保存するには

スマホで撮影した写真やLINEで送られてきた画像をパソコンに転送して保存する方法です。MicroSDカードを用いない方法を紹介します。

home HOME about About this site Mail Mail

スマホ(アンドロイド)の写真や画像をパソコンに保存するには

最終更新日 2020-04-13 19:57

twitter Facebook はてブ LINE pocet

 

スマホ(アンドロイド)で撮影した写真やメールやLINEで送られてきた画像をパソコンに転送して、保存する方法を紹介します。MicroSDカードを抜いてパソコンに差し込めばいいのですが、MicroSDカードを使っていない場合や、本体の方に保存された画像もあるので、今回紹介した方法ですべての画像をパソコンに転送してみてください。

Sponsored Link

 

目次

スマホ(アンドロイド)からパソコンに画像を転送する

USBケーブルを使った転送

最も手軽で確実なのは、USBケーブルでスマホとパソコンを繋げて転送する方法です。
Windows10を使った方法ですが、Windows7やWindows8でも同じ方法で転送できます。

パソコンとスマホをつなげるまずはUSBケーブルでスマホとパソコンを繋げます。

デバイス設定はじめて繋げた時だけこのように「デバイスの設定」が表示されるので、このまましばらく待ちます。
(自動で消えます)

通知が表示される画面の右下か右上にこのような通知が表示されます。
通知が表示されたらここをクリックします。
なお、通知が表示されない場合は、後で紹介する方法で転送できるので、リンク先に進んでください。

写真とビデオのインポート「写真とビデオのインポート フォト」をクリックします。

スマホの中に保存されている画像が検出されるまでしばらく待ちます。
(写真の数が多いと時間がかかります)

続行をタップはじめて取り込むときは、このようにスマホにある写真や画像が全て選択(チェック)された状態になっています。
すべて取り込みたい場合は、このまま①「続行」をクリックします。

すべてクリアをクリックもし、選択した画像だけ転送したい場合は、「すべてクリア」をクリックして、転送したい画像をチェックしてください。

インポート先を変更

インポート先の変更デフォルトでユーザーフォルダの「Pictures」に保存されますが、もし、指定した場所に保存したい場合は、「インポート先の変更」をクリックします。

新しいフォルダーの作成「新しいフォルダー」をクリックすると新しいフォルダを作成できます。

インポートをクリック準備が整ったら、「インポート」をクリックします。

インポート中転送が開始されます。
写真が多いと時間がかかるので、転送が終わるまでケーブルは外さないでください。

取り込みが完了したしばらく待っていると転送が完了し、Windowsの「フォト」が自動で起動しました。

通知が表示されない場合のパソコンへの転送方法

もし、USBケーブルでスマホとパソコンを繋げてもなにも起こらない場合は、以下の方法で転送できます。

画像とビデオのインポートエクスプローラーを起動し、「PC」内を表示するとスマホの名前のアイコンが表示されているので、①このアイコンを右クリック。

②「画像とビデオのインポート」をクリックします。

画像とビデオを探していますスマホ内の画像が検索されるので終了するまで待ちます。
意外と時間がかかります。

画像や動画の数検出が終了すると、このような画面になります。
スマホ内にある画像の数が表示されます。

①「その他のオプション」をクリックします。

画像のインポート先をクリックパソコンに保存される場所を変更する場合は、「画像のインポート先」と「ビデオのインポート先」にある「参照」ボタンをクリックして変更してください。

②「フォルダ名」は、保存先にさらにインポートした日付のフォルダが作成されて、そこに保存されるようにする設定です。

フォルダ名を決める撮影した日ごとにフォルダ分けしたい場合は、「撮影日+名前」にします。

ファイル名を元のファイル名「ファイル名」は、「元のファイル名(保存フォルダー)」にしておきます。

フォルダ名を入力「写真と動画」というフォルダを作成して、ここに転送する設定にしてみました。

すべて選択してインポートすべて選択にチェックが入っていることを確認し(すべて取り込む場合)、「グループの調整」のスライダーを右側にし、「インポート」をクリックします。

インポートが完了するまで待つインポートが開始されます。
このまましばらく待ちます。

フォルダが作成された取り込みが完了して、保存先のフォルダを開いてみると、「SDカード」と「内部ストレージ」というフォルダが作成されていました。

「内部ストレージ」は本体に保存された画像です。

内部ストレージの中身「内部ストレージ」の方を開けてみると、色々なフォルダが作成されていました。

DCIMとPictures「DCIM」にはスマホのカメラで撮影した写真が保存されています。

「Pictures」には、LINEやメールで送られてきた画像や、スクリーンキャプチャーなどが保存されています。

2回目以降

新しい画像のみ一度すべての画像を転送すると、2回目以降繋げた時は、新しい写真のみが選択されます。

新しい画像だけチェックされているこのように新しい写真や動画だけチェックされているので、「インポート」をクリックします。

新しいフォルダーが作成されたこのように転送した日付で新たにフォルダが作成されていました。

エクスプローラーにスマホが表示されない場合

内部共有ストレージUSBケーブルでパソコンとスマホを接続すると、エクスプローラーからこのようにスマホの中身が表示されるのですが、表示されない場合は以下のようにしてみてください。

Androidシステムをタップまずは通知を表示させます。
通知一覧の中に「Androidシステム」という項目があるはずです。ここをタップします。

ファイル転送にチェックを入れる「ファイル転送」にチェックを入れます。もしくは「PTP」でも大丈夫です。「PTP」にチェックを入れるとデジカメと同じ扱いになり、場合によっては画像の取り込みがより確実になるかもしれません。

Bluetoothで写真を送信する

ファイルを送信するiPhoneでは出来ないのですが、アンドロイドの場合Bluetoothで写真や動画を送信することができます。

詳しいやり方については、アンドロイドとWindowsをBluetoothで接続・ファイルの送信をするを参考にしてください。

スマホの写真がパソコンで表示されない

サムネイルが白いスマホから画像を取り込んでパソコンで表示させようとしたら、この画像のように真っ白なアイコンだったり・・・

エクスプローラーで表示できないこんな感じでサムネイルが表示されない場合があります。

iPhoneのHEICが原因

これはiPhoneからパソコンに写真をとりこんだ場合にみられる現象です。
原因は最新のiPhoneでは写真の圧縮方式に「HEIC」(Hight Efficiency Image File Formatの略)を採用していて、Windowsでは未採用なため。

フォトで開くとエラーWindowsの画像閲覧ソフトの「フォト」で開こうとしてもこのように「現在のバージョンのWindowsでは、このファイルフォーマットはサポートされていません」と表示されて見ることができません。

HEIF画像拡張機能をインストール

HEIF画像拡張機能を入手そこでWindowsストアから「HEIF画像拡張機能」をインストールします。

サムネイルが表示されたWindowsでもHEICが表示されるようになりました。

HEICからJPEGに変更するには

iPhoneでは写真を撮影すると標準で「HEIC」で画像を圧縮するようになっています。そこでWindowsやアンドロイドでも表示ができる「JPEG(ジェイペグ)」で保存する設定に変更します。

iPhoneの設定iPhoneの「設定」を開きます。

設定のカメラ「カメラ」を開きます。

フォーマットを開く「フォーマット」をタップします。

互換性優先をチェック「互換性優先」のほうにチェックを入れます。

互換性優先このようになればOKです。次回から写真を撮るときはJPEGで保存されるようになります。

関連ページ

最終更新日 2020-04-13 19:57

 

twitter Facebook はてブ LINE pocet

Sponsord Link

 

【 まま 】 2017/11/26 20:42

とても助かりました。以前はケーブルつないだらすぐに読んでくれたのにできなくなって・・
ありがとうございました

 

【 管理人 】 2017/11/27 12:26

>ままさん
お役に立ててうれしいです。わからないことがあれば、どしどし聞いてくださいね。

 

最終更新日 2020-04-13 19:57 / 投稿日:2016-05-13 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

カテゴリー

同じカテゴリーの記事